自己破産を弁護士に依頼すると、費用はどれくらいかかる?

自己破産の手続きは弁護士に依頼する人がほとんど

自己破産をする人の多くは、その手続きを弁護士に依頼します。書生などで勉強をして、自分で手続きを行う人も中にはいますが、大変な労力が必要です。自己破産は裁判所を通じて行う手続きですので、裁判所に何度も足を運ばなければなりません。平日の昼間に仕事をしている人は、それだけでも大変です。加えて提出しなければならない書類が多く、すべて自分で対応するのは困難です。弁護士に依頼しなければ、債権者からの督促も止まりませんので、督促の対応をしながら破産の手続きを進めなければなりません。

気になる弁護士費用は

しかし、気になるのは弁護士費用ではないでしょうか。自己破産をする人は、当然お金に余裕などありませんから、弁護士費用なんて払えない、と思いますよね。ですが、弁護士も慈善事業をしているわけではありませんので、やはり弁護士費用はどうにかして準備しなければなりません。ほとんどの人が、身内にお金を借りるなどして準備しています。自己破産は家族にも内緒でできる、などという情報もよく見かけますが、誰の援助も受けずに自己破産をするのは、実は簡単ではないのです。

弁護士費用を抑えられる同時廃止の手続き

弁護士費用は自由化されていますので、弁護士事務所によって異なります。ただ、一応の相場はあり、最も安い同時廃止の手続きでも、20万円くらいはかかります。そのほか裁判所に納める予納金も必要ですから、やはり50万円程度は用意しなければならないでしょうね。同時廃止とは、自己破産の開始決定と同時に破産手続きを終える方法のことです。特に換金すべき財産がない場合に、手続きを短くできるメリットがあり、個人の自己破産の大半がこの方法です。

自己破産すると、税金等を除くすべての債務を支払う必要がなくなります。財産は換金され、債権者に分配されます。ただし20万円以下の預貯金など、規定の範囲を超えない財産は手元に残すことが可能です。