まるでクレジットカード!デビットカードのメリットとは?

クレジットカードのように使える

デビットカードとは、クレジットカードと同じ仕組みのカード番号が発行されて、世界中のお店やインターネットコンテンツの支払いに使える決済システムです。クレジットカードとはまた違ったメリットがありますので、おすすめですよ。デビットカードの特徴は、銀行口座に紐付けされていて、預金残高を使って決済されるという点にあります。銀行に預けている金額までしか使えませんので、クレジットカードのような使いすぎがなく安心して使えるのです。

ネットバンクの口座につけると便利

デビットカードは、必ず預金口座とセットで利用することになりますが、ネットバンクの口座にデビットカード機能を付けるのがおすすめの使い方です。ネットバンクは街中に店舗がありせんので、コンビニATMを利用することが多いのですが、千円単位でしかお金の出し入れができないのが不便ですよね。千円未満の残高が残ってしまって引き出せないときは、デビットカードの機能で少額のお買い物をすれば、残高を全て使い切ることができて便利です。

審査なしでカードを作れる

デビットカードのもう一つの魅力として、気軽に作れるということがあります。クレジットカードは後払いで利用するサービスですので、入会時に審査がありますが、デビットカードは決済と同時に支払いをしますので、審査なしでカードを作れるのがメリットです。便利なものを気軽に作れるのは、うれしいですよね。デビットカードが使える銀行では、口座開設するときに同時申込みができることも多いです。これからデビットカードの利用を検討しているならば、一度調べてみましょう。

ネットショップ事業主が、直接クレジットカード会社と契約を締結することは、信用力の関係で難しいのが実状です。ですが決済代行サービスを利用すれば、どの事業主でもクレジットカード決済を使えるようになります。