どうやって勉強すればいい?宅建取得を目指すための勉強方法

暗記になるべく頼らないこと

宅建の試験で出される問題は、単純な暗記では答えられないようになっているんです。暗記は単語がどんどん覚えられるので、つい頼ってしまいがちですよね。宅建で学習する内容は、暗記だけではとても身につくものではありません。そのため、内容をただ覚えるのではなく、つながりを意識して勉強していくのが効果的になるんですね。少し時間や手間がかかるかもしれませんが、暗記になるべく頼らない勉強方法を見つけていきましょう。

参考書はわかりやすいものから挑戦する

宅建の勉強を始めるときには、参考書選びで迷ってしまいがちですよね。聞いたことがない用語ばかり並んでいて、初心者にはとっつきにくい部分があるかもしれません。難しそうだと感じたら無理をせず、わかりやすい参考書から挑戦するのも良い勉強方法になりますよ。参考書によっては、イラストがたくさん使われていたり、漫画でわかりやすく説明している場合もあるんです。まずは、自分が続けられそうな参考書から勉強してみましょう。

慣れてきたら問題集に挑戦する

参考書で宅建の勉強に慣れてきたら、ぜひ問題集に挑戦してみてください。問題集は宅建の試験問題に近い内容で作られているので、より実践的な勉強ができますよ。何度も繰り返し勉強していけば、問題の正解率も上がっていくはずです。問題をひたすら解いていくのは、根気のいる作業でもあるので、じっくり取り組みましょう。試験は毎年傾向が変わってくるので、問題集を選ぶときには、なるべく最新のものを選ぶようにしてください。

宅建の資格は、非常に難易度の高い資格のひとつと言われています。そのため、宅建の資格を取得するなら、資格専門学校やスクールが開講している宅建の講座を受講すると良いでしょう。