何となく難しそう!?税理士になるためには

税務申告を扱うことができる税理士

企業に勤務して経理部に所属していると、毎年決算がおこなわれます。また決算が終了した後には税務申告書をする必要があります。一般的な経理処理の確認では公認会計士に依頼して、また税務会計においては税理士に処理を依頼するケースも多くあります。このように企業活動をおこなっていると税理士の知識が必要になってくるケースが多々あるため、経理を勉強している人の中には税理士になるために資格取得を考える人も多くいます。

いっぺんに合格しなくてもいい

税理士になるためには財務会計とは別の知識が必要になります。企業の税務を処理するための法人税、個人の源泉徴収等を処理する所得税を中心に、税金に関する知識が必要になります。それらの数ある税金に関する法律のうち選択して試験を受けて資格を取得することができます。しかし税理士の試験では一度の全ての科目を合格する必要がないのです。一部合格した効力は翌年も維持できるため、ひとつひとつ確実に合格を目指すことができます。

インターネットで動画が見れて質問ができる環境

税理士になるためには通学や通信教育でも勉強することができます。企業に勤務して経理部に所属している人については、実務を企業で体験することができるため、テキスト等で勉強していても、書かれていることや説明されていることが具体的にイメージすることができて理解力が高まります。経理部に所属していない場合でも、最近の通信教育ではインターネットの動画で説明を受けることができたり、不明な点はその場で講師に質問することができる仕組みになっているものが多いため理解しやすい環境になっています。

税理士の講座は、経験豊かな講師陣によるレクチャーを受けることができるため、今や多くの社会人からの人気が高まっています。